扇子の正しい持ち方

扇子

夏の暑い季節には、持ち運びに便利な扇子が手放せなくなるものです。扇子はうちわと違い、コンパクトに折りたたんで携帯でき、いつでもどこでも便利に涼をとることができます。

また、涼をとるだけでなく、茶の湯や落語、日本舞踊などあらゆるシーンで社交用アイテムとしても活用されています。

こうした背景から、独自の持ち方やマナーなどができ上がっていった「扇子の正しい持ち方」をご紹介します。

●親骨や要の部分を持とう

扇子を持つ際は、なるべく扇面には触れず、親骨や中骨、要と言われる堅い部分を持つようにしてください。ちなみに親骨は両端の太い骨、中骨は両端の親骨の中間にある数本の薄めの骨、要は骨をまとめてある部分を指します。

直接扇面に手で触れてしまうと、手垢が付いたり指で破いたりして、破損や傷みを招く可能性があるためです。どうしても触れる必要がある際は、やさしくそっと手で添える程度にしておきましょう。

●男女で持ち方が異なる

儀式用の扇子

開いた扇子を持つ際は、男女で持ち方が異なることをご存じでしょうか。男性の場合、要の部分を握るように持ち、親指を見せるように表側にするのが正しい持ち方と言われています。

一方、女性の場合は、親指を見せないよう裏側に、手の甲を表側にして四本の指と裏側の親指で挟むようにするのが正しい持ち方と言われています。

儀式用のモーニング扇子、金銀扇子など、持ち方が雑になると扇子の寿命を縮めることにも繋がりかねません。手元を美しく優雅に魅せる扇子の正しい持ち方をマスターしておくだけで、お気に入りのアイテムが長持ちします。

名入れの扇子なら

明治38年創業の松本ギフトでは、オリジナル名入れ扇子をお作りできます。販促品記念品のほか、大切な方へのギフトにもぜひおすすめです。

定番の骨押印刷、局面や若干の凹凸部分に名入れ可能なパット印刷などの方法からお選びいただけます。扇子だけでなく、オリジナル名入れグッズをお求めでしたら、どうぞ松本ギフトへお任せください。

名入れカレンダーやタオル、うちわなどの記念品の販売
【松本ギフト株式会社】概要

会社名 松本ギフト株式会社
所在地 〒720-0072 広島県福山市吉津町3-18
電話番号 084-923-4567
FAX 084-923-4546
URL http://matsumoto-gift.com
業務内容 名入れカレンダー・タオル・うちわ・扇子などの販売
説明 名入れのノベルティ・記念品や贈答品のことなら【松本ギフト株式会社】へ。オリジナルの名入れグッズとして、カレンダーやタオル、うちわや扇子などに名入れを行っております。ノベルティ・販促品に最適な名入れグッズの企画・ご提案はお任せください。印刷を自社工場で行っているため、短納期でお届けしております。うちわ・扇子は明治38年創業当時の稼業として、小ロット印刷に非常に強い印刷を行っております。贈答用の名入れカレンダーやタオルなど、多くの企業・法人様にご利用いただいておりますので、お気軽にご相談ください。
日本
都道府県 広島県
市区町村 福山市吉津町

コンテンツ

ノベルティを作ろう
名入れタオルの魅力
ノベルティにおすすめの名入れ扇子
ノベルティグッズ成功の秘訣
カタログギフトの魅力
名入れタオルの加工方法
名入れカレンダーを制作するなら
扇子の魅力
オリジナルうちわの媒体効果
カタログギフトが選ばれる理由

もらって嬉しいノベルティ
運気の上がるカレンダーの置き場所
タオルをフワフワにする方法
扇子の正しい持ち方
うちわの種類
ノベルティの意外な効果
販促品としてのカレンダー
タオルの上品なたたみ方
扇子の歴史
うちわの涼しいあおぎ方

↑ページのトップへ

松本ギフトネットショッピング
松本ギフトネットショッピングへ
松本ギフトネットショッピングへ
ホーム
会社概要
お問い合わせ
皆様に感謝の気持ち伝えたい。

松本ギフトでは、名入れ印刷事業を自社工場で行っております。
カレンダー、タオル、団扇(うちわ)等、法人様から広くご利用いただいております。
詳しくは、松本ギフトまでお問い合わせください。
 広島県福山市吉津町3番18号[電話]084-923-4567[E-mail]info@matsumoto-gift.com

Copyright © 名入れ印刷の松本ギフト. All Rights Reserved.