うちわの種類

うちわの種類

うちわと一言でいっても、あらゆる地域で伝統的なうちわが作られており、それぞれに大きな特徴があります。こちらでは、日本三大うちわについてご紹介致します。

●京うちわ

地紙面と把手が別に作られるのが大きな特徴で、別名「都うちわ」ともいいます。細い竹骨を一本ずつ放射線状に並べて地紙面を作り、最後に柄を差し込むという作り方です。

京うちわの始まりは南北朝時代まで遡り、明や朝鮮の沿岸地を荒らしまわっていた倭寇により、京都貴族の別荘地のあった深草へと伝えられました。昔は宮廷でも多く用いられていたようです。

●丸亀うちわ

一本の竹で柄と骨が作られているのが大きな特徴で、丸柄と平柄と両方の柄が存在します。

四国の金毘羅宮参拝の土産品として金印の渋うちわ(強度アップのために柿渋が塗られたうちわ)が作られるようになったほか、天明年間(1781〜1789)の頃、内職として丸亀藩の下級武士に作らせたことなどで広く知られるようになりました。別名「讃岐うちわ」とも呼ばれ、全国的に生産量トップを誇っています。

●房州うちわ

竹の丸みをそのまま活かした丈夫な丸柄が特徴的です。さらに半円の格子模様には「窓」が施されています。

房州うちわの始まりは、明治時代中期にまで遡り、那古(館山市)に住む忍足信太郎により、良質の女竹をササラのように割いて「骨」とする技術が地元に浸透したのが始まりです。昭和初期までは年間数百万本ほど生産されていましたが、現在はかなり激減しているようです。

オリジナルのうちわなら

こうした奥深い歴史を持つうちわ。今では販促品や記念品、大切な方へのギフトにと様々な用途でオリジナルうちわが作られるようになっています。松本ギフトも、オリジナルうちわを製作する会社の1つです。自社工場で名入れ印刷事業を行う松本ギフトでは、たくさんの法人様からご利用いただいています。

オリジナルうちわの製作をオーダーしたい法人様がいらっしゃいましたら、どうぞお気軽にお電話やメールより問い合わせください。

名入れカレンダーやタオル、うちわなどの記念品の販売
【松本ギフト株式会社】概要

会社名 松本ギフト株式会社
所在地 〒720-0072 広島県福山市吉津町3-18
電話番号 084-923-4567
FAX 084-923-4546
URL http://matsumoto-gift.com
業務内容 名入れカレンダー・タオル・うちわ・扇子などの販売
説明 名入れのノベルティ・記念品や贈答品のことなら【松本ギフト株式会社】へ。オリジナルの名入れグッズとして、カレンダーやタオル、うちわや扇子などに名入れを行っております。ノベルティ・販促品に最適な名入れグッズの企画・ご提案はお任せください。印刷を自社工場で行っているため、短納期でお届けしております。うちわ・扇子は明治38年創業当時の稼業として、小ロット印刷に非常に強い印刷を行っております。贈答用の名入れカレンダーやタオルなど、多くの企業・法人様にご利用いただいておりますので、お気軽にご相談ください。
日本
都道府県 広島県
市区町村 福山市吉津町

コンテンツ

ノベルティを作ろう
名入れタオルの魅力
ノベルティにおすすめの名入れ扇子
ノベルティグッズ成功の秘訣
カタログギフトの魅力
名入れタオルの加工方法
名入れカレンダーを制作するなら
扇子の魅力
オリジナルうちわの媒体効果
カタログギフトが選ばれる理由

もらって嬉しいノベルティ
運気の上がるカレンダーの置き場所
タオルをフワフワにする方法
扇子の正しい持ち方
うちわの種類
ノベルティの意外な効果
販促品としてのカレンダー
タオルの上品なたたみ方
扇子の歴史
うちわの涼しいあおぎ方

↑ページのトップへ

松本ギフトネットショッピング
松本ギフトネットショッピングへ
松本ギフトネットショッピングへ
ホーム
会社概要
お問い合わせ
皆様に感謝の気持ち伝えたい。

松本ギフトでは、名入れ印刷事業を自社工場で行っております。
カレンダー、タオル、団扇(うちわ)等、法人様から広くご利用いただいております。
詳しくは、松本ギフトまでお問い合わせください。
 広島県福山市吉津町3番18号[電話]084-923-4567[E-mail]info@matsumoto-gift.com

Copyright © 名入れ印刷の松本ギフト. All Rights Reserved.