扇子の歴史

扇子の歴史

扇子が誕生したのは、平安時代初期頃です。紙がとても貴重だった当時は、木簡(もっかん)と呼ばれる細長く薄い木の板に礼儀作法などの覚書を書いていました。

その数枚の木簡を持ち歩くため、片端を綴じて使用したのが始まりです。

これを「檜扇(ひおうぎ)」と呼びます。主に宮中男子が持ち歩くものでしたが、扇面に上絵が飾られるようになってからは、宮中女性も好んで使うようになりました。

●扇子の原型「紙扇」

平安時代中期頃には、扇子の原型となる「紙扇」が誕生します。数本の細い骨に片面のみ紙を貼ったものです。「蝙蝠扇(かわほりせん)」とも呼ばれ、扇を開いた形が、蝙蝠(こうもり)が羽を広げたように見えることから名づけられたと言われています。主に、夏場に涼をとるために活用されていました。

●中国・ヨーロッパまで広まった扇子

鎌倉時代頃には、中国へと輸出されるようになりました。日本の扇面は片面だけに紙を貼っていましたが、中国に渡ってからは扇面が変化し、室町時代頃に両面に紙が貼られて日本へと逆輸入されます。

こうしてもたらされた扇子を「唐扇」と呼び、それ以降日本でも両面に紙が貼られて作られるようになっていったのです。以前は貴族や神職者しか使用が認められていませんでしたが、このころには庶民の使用も許可され始めます。

江戸時代には、ヨーロッパへの輸出も始まり、末頃には日本へと逆輸入されるようになり、扇面に絹を貼った「絹扇」が誕生しました。さらにこの「絹扇」が、再び日本から海外へと輸出された経緯も残っています。

●現代の扇子

現代の扇子

昔と比べ生産数は激減しましたが、ファッション通の方々にはアクセサリーの1つとして使用される機会も多いです。

さらにギフト販促品、茶道、舞踊、落語など様々な用途で用いられ、新時代における必須アイテムとして活躍しています。

名入れ扇子を販促品や記念品に使いたいとお考えでしたら、ぜひ松本ギフトにお任せください。明治38年創業の経験や実績があります。

和紙や絹のほか、総竹扇やアルミ扇子など製作することが可能で、名入れの印刷方法は、骨押とパットの2パターンからお選びいただけます。大切な方へのオリジナル名入れギフトにもおすすめです。

名入れカレンダーやタオル、うちわなどの記念品の販売
【松本ギフト株式会社】概要

会社名 松本ギフト株式会社
所在地 〒720-0072 広島県福山市吉津町3-18
電話番号 084-923-4567
FAX 084-923-4546
URL http://matsumoto-gift.com
業務内容 名入れカレンダー・タオル・うちわ・扇子などの販売
説明 名入れのノベルティ・記念品や贈答品のことなら【松本ギフト株式会社】へ。オリジナルの名入れグッズとして、カレンダーやタオル、うちわや扇子などに名入れを行っております。ノベルティ・販促品に最適な名入れグッズの企画・ご提案はお任せください。印刷を自社工場で行っているため、短納期でお届けしております。うちわ・扇子は明治38年創業当時の稼業として、小ロット印刷に非常に強い印刷を行っております。贈答用の名入れカレンダーやタオルなど、多くの企業・法人様にご利用いただいておりますので、お気軽にご相談ください。
日本
都道府県 広島県
市区町村 福山市吉津町

コンテンツ

ノベルティを作ろう
名入れタオルの魅力
ノベルティにおすすめの名入れ扇子
ノベルティグッズ成功の秘訣
カタログギフトの魅力
名入れタオルの加工方法
名入れカレンダーを制作するなら
扇子の魅力
オリジナルうちわの媒体効果
カタログギフトが選ばれる理由

もらって嬉しいノベルティ
運気の上がるカレンダーの置き場所
タオルをフワフワにする方法
扇子の正しい持ち方
うちわの種類
ノベルティの意外な効果
販促品としてのカレンダー
タオルの上品なたたみ方
扇子の歴史
うちわの涼しいあおぎ方

↑ページのトップへ

松本ギフトネットショッピング
松本ギフトネットショッピングへ
松本ギフトネットショッピングへ
ホーム
会社概要
お問い合わせ
皆様に感謝の気持ち伝えたい。

松本ギフトでは、名入れ印刷事業を自社工場で行っております。
カレンダー、タオル、団扇(うちわ)等、法人様から広くご利用いただいております。
詳しくは、松本ギフトまでお問い合わせください。
 広島県福山市吉津町3番18号[電話]084-923-4567[E-mail]info@matsumoto-gift.com

Copyright © 名入れ印刷の松本ギフト. All Rights Reserved.