名入れタオルの加工方法

挨拶用の粗品、記念品として名入れタオルは役立ちます。松本ギフトでは、フェイスタオルやスポーツタオル、おしぼりなどの様々なタオルに名入れが可能です。
名入れタオルは加工方法によってプリントに違いが出るのですが、こちらでは一般的に用いられているプリントの種類と特徴についてご紹介します。

●染料プリント

タオルを色で染めるようなイメージで、生地の奥まで染料を染み込ませて色を定着させます。繊維の奥まで染み込ませるので、黒や濃紺などがベースとなる場合やプリント面積が大きいタオルにおすすめです。また、肌触りや吸水性を保つこともできますので、タオルの柔らかな風合いを損ないません。

●顔料プリント

タオル生地の表面にインクを付着させる手法です。染料に比べるとにじみがほとんどないので、細かいデザインを得意としており、シャープな表現が可能です。
また、作業工程が少ないのでコストもおさえられます。

●着抜プリント

カラータオルに名入れする際によく用いられており、デザイン部分を脱色・着色する手法です。濃い生地のタオルにも薄い色のデザインをすることができますが、脱色した部分を完全な白にするのは難しいとされ、生成り色になります。タオル以外の衣類でも使われており、お持ちの方も多いでしょう。

●防染

防染タオルは、お祭りなどでもよく用いられています。防染は染め抜きタオルとも呼ばれ、名入れ部分だけが染まらないように特殊加工を施し、タオル全体を染め上げます。
染め上げなので、柔らかい仕上がりになります。

明治38年創業の松本ギフトでは、丁寧な職人技でタオル、うちわ、扇子等の名入れを自社加工にて行っております。加工方法によっては、短納期で仕上げることも可能です。名入れタオルは、会社間での挨拶回りをはじめ仲間内やチームなどの幅広い用途にてお使いいただけます。名入れタオルの制作をお考えでしたら、ぜひ松本ギフトにお任せください。

↑ページのトップへ

松本ギフトネットショッピング
松本ギフトネットショッピングへ
松本ギフトネットショッピングへ
ホーム
会社概要
お問い合わせ
皆様に感謝の気持ち伝えたい。

松本ギフトでは、名入れ印刷事業を自社工場で行っております。
カレンダー、タオル、団扇(うちわ)等、法人様から広くご利用いただいております。
詳しくは、松本ギフトまでお問い合わせください。
 広島県福山市吉津町3番18号[電話]084-923-4567[E-mail]info@matsumoto-gift.com

オリジナル贈答品・記念品の販売

松本ギフト株式会社は、広島県福山市で明治38年創業の創業の老舗です。贈答品・記念品・扇子を製作販売しております。ノベルティをお考えの法人様におすすめです。
イベントや販売促進用にオリジナルうちわを活用してみませんか。扇子の名入れにも力を入れておりますので、お気軽にご相談ください。
その他、カレンダータオル、保存袋などお好みの商品に名入れ印刷も可能です!

Copyright © 名入れ印刷の松本ギフト. All Rights Reserved.